TPC Web

東芝フィルハーモニー合唱団の紹介
 
 東芝フィルハーモニー合唱団(TPC)の活動開始は1991年4月。1992年2月に行われた東芝フィルハーモニー管弦楽団第3回定期演奏会(サントリーホール)でベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」を演奏するために,東芝グループ社員およびその家族から合唱団員を募集し結成されました。この合唱には総勢 250名が参加し,盛大な初舞台は大成功をおさめました。
 
 この第九の合唱メンバーをもとに,独立した合唱団として1992年5月に「東芝フィルハーモニー合唱団」の名で正式に発足。1993年4月に,創立記念第1回定期演奏会を神奈川県立音楽堂にて行いました。それから現在に至るまで,定期演奏会をはじめ,産業音楽祭への参加や東芝病院コンサートなど,演奏活動を続けています。今までの主な演奏イベントや演奏曲目などは,これまでの演奏活動をご覧ください。
 
 現在TPCは,浜松町の東芝ビルをメインの練習場として,月3回土曜日に集まって練習しています。団員は,何十年も合唱をやっているベテランから,合唱はまったく初めてという初心者まで,いろいろ。年齢も20代から90代まで!幅広く,仕事も職場もいろいろです。企業の団体でありながら,メンバーの日常の仕事の匂いがほとんどないのがいい所。プロのボイストレーナーや指揮者の親切な指導で,若い人も気の若い人もみんなで和気あいあいと,楽しく歌っています。
 TPCは今,次の定期演奏会をメインのターゲットとして,練習を続けています。
 曲目は,今後の演奏予定をご覧ください。
 
指導者・スタッフの紹介| 

団の紹介練習日程今後の演奏予定これまでの演奏活動団員募集見学案内
リンク集TPCだより個人情報保護方針TOPページへ
・・・・・ Copyright (c) 1996-2006 東芝フィルハーモニー合唱団 ・・・・・